保育士について知ろう

保育士の資格を持っていたら、すぐ働けるの?

保育士の資格を取得したら、託児所や保育園、保育所などの保育施設で仕事ができるようになります。短大や専門学校、4年制の大学で保育科のある学校で資格を取得した場合は、卒業後に保育士としての仕事ができるようになります。

 

そして、これまで保育士としての実務経験があり、結婚や介護、出産、子育てなどの事情を長い間仕事保育の仕事から離れていた人も、資格は1度取得すれば一生ものですから、やる気さえあれば仕事を再開することも可能です。

 

保育園や保育所などの保育施設に就職する場合は、保育士の資格のみでOKですが、職場によっては保育士と幼稚園教諭の両方の資格を有することが条件とされる場合もあります。とくに、認定こども園では、幼稚園と保育園との機能が一体化しており、より専門性の高い保育の知識や技術が求められるようになります。

 

一般の保育施設での就業を希望しているのであれば、保育士の資格を取得して免許が交付された時点において、仕事を始めることができます。今後は、さらに仕事の幅を広げたいのであれば、幼稚園教諭やチャイルドマインダーなどの資格を取得しておくと強みですね。

 

子供を保育施設に預け入れる母親が増えていることから、質の高い保育士が求められるようになっており、常にスキルアップする姿勢を忘れずにいたいものです。保育士として働くには、保育求人に応募して、面接を受けて採用されなければなりません。保育士専門の求人を取り扱っている転職・求人サイトなどもありますので、活用してみてはいかがでしょうか。