保育士について知ろう

保育士になるための条件って?

保育士とは、簡単に一言でいえば、0歳から6歳までの乳児〜幼児、小学校に就学するまでの子供を預かって専門的に保育をする仕事をしている人のことを指します。保育士の仕事をするには、まずは保育士の資格を取得する必要があり、この資格を取得することによって、免許の更新などの手続きを行う必要がなく、1度取得した資格は消滅することがなく、一生ものです。

 

保育士の資格を取得した後に、保育所や託児所の仕事をする人もいますが、結婚や出産など、さまざまな事情で仕事を辞めたとしても、復職したいという気持ちがあれば、求人情報を探せば保育士の仕事を再び行うことができます。

 

保育士は、従来は保母と呼ばれていましたが、1998年に児童福祉法が改正されたことにともない、1999年以降は保育士という呼び方が正式名称となりました。これまで女性のみが保育の仕事に携わってきましたが、近年は男性の保育士も増えています。
女性の社会進出にともない、働く女性が増えてきていることから、今、保育の現場のあり方が大きく変わろうとしています。

 

それでは、保育士を目指すための条件とは、どのような感じになっているのでしょうか。⇒保育士

 

保育士の資格取得を目指すには、保育士を養成するための専門のスクールや施設などに通学して卒業する方法、そして保育士の資格試験を受験して合格する必要があります。現在、保育士の資格試験は、年1回のみ実施されています。保育士は、看護師や保健師と同様に国家資格のひとつであり、保育士になりたいと思ったら、無条件で誰でもがなれるというものではなく、受験資格を十分に満たしていなければなりません。

 

保育士を目指すための条件として、高校卒業後に児童福祉施設などで2年以上の実務経験があること、短大または専門学校、4年制大学を卒業した人などの条件が定められています。なお、保育士の資格取得にあたり、とくに性別や年齢による制限等は設けられていません。

 

これらの条件のうち、いずれかひとつを満たしていれば、保育士を目指すことが可能です。あとは、ご自身の努力次第で、保育士の資格試験の筆記試験10科目をクリアすることです。ただし、受験資格を満たしていても、独学で合格を目指すのは難しいこともあるようです。

 

受験資格とは別に、保育士の適性について考えてみると、赤ちゃんや子供が好きであることはもちろん、教育の現場で保育士としての自覚を持ち、責任感と使命感を持って仕事をすること、しっかりとしたコミュニケーション力を持っていること、人に接することが好きな人に適しています。
保育士は、朝から夕方、または夜遅くまでハードなスケジュールをこなしているので、体力と気力が必要です。職場によっては、お泊り保育などもありますので、睡眠時間が不規則になることもあります。保育施設ごとに、独自の教育方針や指導方針がありますので、カリキュラムやマニュアルに基づいた教育・しつけを行うなど、臨機応変に対応できる柔軟性などが求められています。